がんばれ受験生 [ Menu ]

 

がんばれ高校受験生|高校受験を経験した筑陽生から、受験生に応援メッセージ!

専願入試まで、あと-1662

前期入試まで、あと-1652

後期入試まで、あと-1644

Beyond 自分を超えて!

私立高校の中で、筑陽学園を選んだ理由を教えて下さい。
筑陽学園は、先生を始めとする私たち生徒のスポーツや成績の技術向上を全力でサポートしてくれるような印象を学園紹介で受け、また、学園設備や施設も大変充実していました。
このような点では、他の私立高校では、なかなか真似できない素晴らしい学園だと感じたからです。
実際、筑陽学園に入学しての感想をお願いします。また、筑陽学園のココが好きという所を教えて下さい。
入学してみると、思っていた予想以上に先生方が親切で入学してから勉強に対する意欲も上がり、他の物事でさえも、集中しやすい精神力を身につけられました。
筑陽学園の好きなところは、困った事や何かやりたい事が学園生活で生まれるとすぐに対応してくれるところで、生徒自身の向上心を最大限まで応援してくれる点です。
受験勉強は、どのような勉強のやり方をしましたか?具体的に教えて下さい。
[ 国語 ]
私の場合、本がとても好きだったので、日頃から活字と多く触れ合いました。
また、新聞を読んでいたことは、今でも良かったと思います。
これは、国語には限りませんが、新しい事を知ると文章力や読解力が増します。
ぜひ、新聞を読む事をお勧めします。
[ 英語 ]
英語に自信の無い方(私を含め)へ、絶対に参考にして欲しいことがあります。
学校でも塾でも、どこでもいいので先生の話を聞いて下さい!と声を大にして言います。
苦手意識を取り払うには、まず興味を持ちましょう!
先生がどうして英語の先生(になった)か尋ねた後、さりげなく勉強方法を聞く、このワークは必須手法です。
[ 数学 ]
問題の言い分を聞けばすんなりいけると思います。
「あっ これ○○で前、見た問題だ!」
こんな幸運、中々に出会えません。
パッと見た瞬間に、問題が気付いて欲しい事に目が向くようにトレーニングしましょう。
少し難しめの問題を解き、力をつけて超難問に挑むと時々、自分でも分からないほどペンが走りました。
1日に何時間くらい受験勉強をしましたか?そのうち苦手科目に何時間くらい勉強しましたか?
中学校との兼ね合いを考えて、3時間にも満たない程だったと思います。
苦手というと英語でしたが、当時はさして重要度を感じなかったので、他教科と対して変わりませんでした。
受験に備えて、日頃の生活面で工夫したことはありますか?また、試験当日はどんなことに気をつけましたか?
睡眠時間を最優先にしました。
定期試験や模試は前日は9時頃に寝て、当日朝は4時ぐらいに起きて、ランニングやしっかりとした朝食、新聞を読んで、とにかく頭をたたき起こしていたように思います。
入試の日は、(公共交通機関ではなかったので)渋滞しないか冷や冷やして、1時間も早く着きました。
高校受験をする中学生にアドバイスをお願いします。
数学を楽しんで下さい!
一般的に数学は一つのミスも許されず、かつ答え(解)は常に一択しかなく、しばし敬遠されがちです。
しかし、一度完成させられた答えは絶対に覆りません。
今の中高生の学ぶ数学には、何千年も昔の話だって存在します。
積み重ねられた知識は、単なる暗記ではなく、私たちの歴史となり、人生の友となります。
ですから、社会でも重要視される数学を中学3年生の今からでも、楽しんで下さい!


ページトップへ